フリースタイルリブレとダイエット

糖質制限は不調が現れた為に中止、フリースタイルリブレで血糖値を測りながら、DASH食を取り入れた健康的なダイエット(食事法)を目指します

【フリースタイルリブレ】リブレリンク&リブレ2最新情報まとめ

f:id:kazokunoegao:20210211131345j:image

2021年2月時点のフリースタイルリブレの最新情報をまとめてみました。日本でのフリースタイルリブレの販売開始から約4年が経過。今月ようやく日本でもLibreLinkのリリースが開始されました。現時点において、日本と海外での販売状況とを比較してみたいと思います。

 

ようやく日本でもLibreLinkの提供開始

f:id:kazokunoegao:20210215073742p:plain

この2月10日にようやく日本でもLibreLinkのサービスが開始されました。(但し現時点では、iPhone版のみ。Android版は近日リリース予定)

LibreLinkとは、スマートフォンによるセンサー計測や記録が出来るアプリの名称で、アメリカやイギリスなどでは既に2017年から提供が開始されています。

また昨年秋(2020年9月以降)から、アメリカやヨーロッパでは、フリースタイルリブレ2の販売が開始されていますが、ヨーロッパ地域においては、ほぼ同時期に、フリースタイルリブレ3の販売承認(CEマーク取得)が降りた報道もされた事が解りました。

LibreLink(リブレリンク)はどんな風に便利?

f:id:kazokunoegao:20210215073929j:image

※アボットジャパンサイトより

現時点ではまだiPhone版アプリのみの提供です。2021年2月10日にiPhone版LibreLinkが提供開始されました。近日にAndroid版がリリース予定になっています。

このアプリがあれば、今までの様にリブレリーダーがなくても、スマートフォンのアプリで計測・記録が出来る様になります。リーダーが不要になることで、

①センサーの購入のみでリブレが利用できる様になる

初めて利用する方やリブレを試してみたいという方には、ハードルが少し低くなるかも。(リブレリーダーの購入費用は約7500〜8000円程度)

フリースタイルリブレが販売開始されて4年になりましたが、医療関係者の間では、販売開始当初、もっと普及されていくと想定されていました。しかし実際は予想ほどは普及されていない様に感じます。その理由として取り扱いの難しさもありますが、やはり最大のネックは【初期費用の高さ】にもあるかなとも思います。

センサーは2週間使い捨てなのは仕方ないにしても(もちろん、もっとお安くなって欲しいですが)、センサー読み取り装置も高価なことから、保険適用外で購入出来るにも関わらず、なかなか敷居が高いのが現状かと思われます💦

②今までのようにリーダーを持ち歩かなくてよくなる

スマートフォンを持ち歩いていた方は、スマートフォンアプリを使用することでリーダーが不要となり、2つ持ちする必要がなくなりますので、普段の生活でより便利になるかなと思われます。(スマホをお使いの方だと、スマホを持ち歩かない方はいないと思いますので)

あ!今日、家にリーダー忘れた!

↑私がたまにやるやつ😱

私の様に非糖尿病で、たまにしかリブレを着けない場合、貴重な2週間なのに、リーダーを朝持って出るのを忘れたりしたら最悪です(涙)そんな事がなくなりますから便利になりますよね。リーダーを忘れて8時間以上スキャン間隔があいてしまうとグラフが途切れてしまいますので、それを防ぐこともできます。

③リーダーよりスマホアプリの方が視認性が良い

スマホなら画面の拡大縮小など、グラフの見やすさもグッとよくなります。(老眼の人間にはありがたい〜)リーダーの小さな画面、正直数字は見れますが、グラフなどはおおよその値しか読み取れず、見づらいのが正直なところです。

④ただしリーダーがないと困ることもある

しかし、穿刺による血糖値測定にはやはりリーダーが必要になりますから、最初のセンサーチェック等はリーダーが必要になるかと思います。

「穿刺は痛いし、器具もいるし、別にやらなくても良いのでは?」と思われる方もいるかと思いますが、私の考えとしては、やはりリブレはあくまでも「血糖の代替え計測器」である「間質液糖濃度測定器」ですので、センサーの精度や針の刺さる位置などにもよって、血糖との差が生じることがあります。

また、精度や取り付け状態による誤差だけでなく、インスリン抵抗性などによる生体由来による乖離差も生じますから、使い始める前の修正値(乖離差など、どの程度のラグが発生するか)を知るためにも、使い始め時にはやはり穿刺血糖値を測るためのリーダーがあると便利かな?と思います。

私はAndroidユーザーなので、Android版のリリースが開始されたら、ぜひ試してみたいと思います!

LibreLinkの使用方法は こちら

アメリカやヨーロッパではリブレ2が販売中

f:id:kazokunoegao:20210214143449j:image

2020年9月からはアメリカで販売開始。同年11月からはイギリスでもフリースタイルリブレ2が販売開始されました。ヨーロッパ諸国においては、2021年2月現在で、フランス、スペイン、オーストリア、ドイツ、オランダ、スイスでリブレ2が販売されています。

従来型リブレとリブレ2においては、大きな機能変更等はない模様で、センサー計測精度の向上やリーダーのアラーム音(種類)の追加が主な変更点の様です。イギリスのメーカーサイトでは、「2では精度の向上から穿刺は不要」と書かれていました。

(但し、センサー誤差が見られる場合はチェックが必要とあります)

リーダーのカラーも黒からブルーに変更されています。

従来型リブレとリブレ2においては、従来型リブレのリーダーはリブレ2を読み取ることはできないのですが、イギリスやスペインのアボットのサイトを見ると、従来型リブレ用リーダーをリブレ2を読み取れるようバージョンアップさせる事は可能になっていました。(但し、リブレ2用にバージョンアップした後は、従来型リブレの読み取りが出来ません)

イギリスではリーダーの無料交換を実施

f:id:kazokunoegao:20210214143544j:image

イギリスのアボットのサイトでは、従来型リブレ用リーダーをリブレ2のリーダーに無料で交換してくれるとの記事が掲載されていました。日本でリブレ2の販売開始をする際に、このようなサービスがあると嬉しいですね!

FreeStyleLibre3の販売開始時期は?

f:id:kazokunoegao:20210213120711p:plain

2020年9月のアメリカでのフリースタイルリブレ2の販売開始と同時期に、ヨーロッパにおいてのフリースタイルリブレ3の販売承認が降りたとのプレスリリースが発表されていました。

リブレ3については、従来型リブレ〜リブレ2のようなマイナーチェンジではなく、大幅な仕様変更が行われる様です。特にセンサーの外観仕様が小型化され、直径と厚みの規格が変更になるようです。

今回、ヨーロッパにおける工業規格製品の製造販売に必ず必要なCEマークを2020年9月に取得したことで、前回のリブレ2のように、認可発表から数カ月後には、リブレ3の販売が開始されるかと思われます。

現時点において、リブレ3ではリーダーの仕様についての紹介は書かれていませんでした。このことから、リブレ3では専用リーダーの販売は行わず、LibreLinkでのみ測定を行うセンサーとして(またはリーダーはリブレ2と兼用可か?)、リブレ2と同時並行販売する可能性が高いように思われます。

日本においてのリブレ2販売はまだ少し先?

f:id:kazokunoegao:20210215015450j:image

日本でのリブレの発売開始から4年となり、ようやくLibreLinkがリリース開始ということですから、アメリカやヨーロッパと比べて常に3-4年遅れというこのペースを考えれば、リブレ2の販売開始も少し先になる可能性が高いかな?と思われます。

やはり欧米諸国の方に合わせて開発されたものを、アジア諸国の食生活や環境、体質の違いなどを考慮して改良することは、とても時間がかかるのかな?と思われます。

まぁ、のんびり気長に待つこととしましょうかね💦リブレリンクのアンドロイド版がリリースされましたら、またレポートしてみたいと思います。

※ご注意※

上記の情報については個人的に調べたものであり、全てがメーカー公式サイトで発表されたものではなく、誤りがある可能性もございますので、ご了承ください。

【リブレで測定】1日3回朝昼晩同じものを食べて食後血糖値を測ってみた

f:id:kazokunoegao:20210123181507j:plain

今回は同じ1日のうちの朝昼晩に、全く同じものを食べたとき、非糖尿病の私の場合、空腹時血糖値から食後血糖値のピーク値がどのように変化するのかをフリースタイルリブレを装着し、計測比較してみました。

 

 

同じものを食べても食後血糖値のピーク値は異なる?

f:id:kazokunoegao:20210112172826j:image

フリースタイルリブレが発売されて2020年の秋で、3年が経ちました。世間にもようやく商品の名や機能が周知されてきました。

それまでは糖尿病の方に対して、医療従事者がリブレを紹介するような投稿がほとんどでしたが、最近では私の様な非糖尿病の方がリブレを装着し【これを食べたら血糖値はこれだけ上がった!】というような、ダイエット系YouTuberの投稿なども見られるようになりました。

私がリブレを使い始めたきっかけは、非糖尿病人でしたが減量が目的の厳しい糖質制限を行った結果、耐糖能が低下してしまい、少量の糖質摂取で高血糖を起こしたり、ひどいときには高血糖の後に反応性低血糖を起こすまでになり始め、糖尿病患者のような症状が出始めたことから、その厳しい糖質制限を中止。そこから低下してしまった耐糖能を改善させるため、フリースタイルリブレを装着し、少しずつ糖質摂取量を増やしながら、血糖値の記録を取っていました。

ある日、フリースタイルリブレで記録を取り、耐糖能改善の様子を見るために食後血糖値を比較して観察していると、全く同じ糖質量のものを食べても、1日の測る時間帯が変わると食後血糖値のピーク値が異なることに気がつきました。

「同じものを食べても、測る時間によっては血糖値のピークは違う?」

そんな疑問から、一度ちゃんと調べてみたいと何度か試みた結果、色々な事が推測できました。

今回はそれらを明確にするため、1日の中で全く同じメニューの食事を朝昼晩と食べ、食後の血糖値測定を行い、グラフ化して比較してみることにしました。

基準となる食事は高血糖にならない用意しやすいもので

f:id:kazokunoegao:20210117204717j:image

※写真は朝ごはん

3食食べるものは何にしようか?と考えてみたところ、とりあえず、あれこれ食べ過ぎると吸収にムラが出来やすくなる可能性があることや、食べていきなり高血糖を起こすようなメニューでは比較実験にならないこと、次の食事時間までに空腹時血糖値に戻りリセットした状態で次の計測に入れること、などの条件を満たしつつ、

①脂質の少ないもの

②糖質を含むもの

③タンパク質を含むもの

④少量の食物繊維を含むもの

という設定にも当てはまり、「そして今、家にあるもの」ということで(朝起きて、ほぼ思い付きでやってみることにしたので😅)上記の写真のようなメニューで試してみることにしました。

(化粧して買い物に出るのも面倒くさかったのもあり💦)

①もち麦入り白米(170g)

②全卵(生)1個

③味噌汁

④壬生菜のお漬物少々(ご飯と味噌汁だけではあまりに味気ないので…)

⑤出汁醤油少々(砂糖・醤油・かつおだしで作られた濃縮タイプ)

の「卵かけご飯定食風」で計測してみることにしました。これなら飽きずに3食食べられそうかと(笑)

 

今回は、1日で3食(3回)、これだけを食べます。間食は一切無し。(吸収に差が出ないように念のためコーヒーやお茶類も厳禁)

この全く同じメニュー✕3回以外には、水のみを摂りました。その水を飲むタイミングも、血糖値に影響が出ないよう、食事中には摂らず血糖値が空腹時に戻った後の、食間にのみに飲むようにしました。


f:id:kazokunoegao:20210117203957j:image

もち麦は白米の2割くらいになる程度入っています。170gのもち麦入りご飯。3食分同じ炊飯器で炊いたものを食べ、炊きあがり時にもち麦が偏らないようにしっかり混ぜたもので。吸収力に差がないよう、3食、温めたご飯を食べました。


f:id:kazokunoegao:20210117204346j:image

お味噌汁。いつもは麦味噌や豆味噌など、味を変えた味噌汁(合わせ味噌や赤味噌など)ですが、今回は3食同じものになるように、市販の液味噌15gをお湯で割りました。具材による影響が出ないように、具は無しで。味噌・出汁のみです。(少量のエキス等含みます)

f:id:kazokunoegao:20210117204612j:image
卵かけご飯にかける出汁醤油。計測時は16g入れましたが、実際は8gで十分にたりました。(3回とも8g使用)

f:id:kazokunoegao:20210117204504j:image
壬生菜のお漬物(市販)。箸休め的に少量、15gです。

f:id:kazokunoegao:20210125072300j:image
↑昼ごはん


f:id:kazokunoegao:20210125072402j:image

↑夜ごはん

なんとか飽きずに食べきりました(笑)

計測したのは休日。食事の間、食間は自宅のみで過ごし外出はなし。家事をしたり、本を読んだりして、激しい運動や負荷をかけるような作業は避けてのんびり過ごしました。辛かったのはこれ以外に家族に3食、食事の支度をしたことかな💦なので、1日ずっとご飯の支度と片付けをしているような状態でした(涙)

3食を食べたリブレの計測結果は?

f:id:kazokunoegao:20210111125736p:plain

フリースタイルリブレで計測し、専用管理ソフトに結果を落としたのがこちらです。

数値の横に*マークがついているものは、穿刺(せんし)血糖値です。リブレ値(間質液濃度)と血液の血糖値がほぼ同じなのが、お解りいただけるかと思います。

朝は休日でゆっくり起きてから、家族の食事を作った後に用意して始めたので、スタート時間は遅めです💦食事開始時間に黄色い星印が入っています。

食べた時間は、朝食9時、昼食14時、夕食19時半となっています。

食間に少し低血糖気味になっていますが(赤字の60台)体調には特に問題なく過ごしていました。高負荷の運動などはしていませんが、食事の支度や片付け、掃除洗濯だけでも、食べたもののエネルギーは全て消費できていたと考えます。

私の普段の空腹時血糖値は80台なので、次の食事開始までには、前の食事は全て消費しきっていたかと。

リブレのグラフを見てみると、やはり同じものを食べても、食後のピーク血糖値に違いが出ています。朝よりも昼の方が高い値になっています。

同じものを食べて食後血糖値が一番高かったのは昼食

f:id:kazokunoegao:20210111141157p:plain

リブレのグラフだと比較しづらいので、エクセルにて表を重ねてみました。結果がこちらです。全く同じものを食べても、やはりピークの食後血糖値の値には差がありました。

 

朝は123と低め。

昼は一番高く147。

夜は朝よりは少し高めに137でした。

 

全く同じものを食べても一番低い値と一番高い値では20もの差がありました。

何故こんなにも差が出たのでしょうか。

まず考えられるのは、前の食事から次の食事を摂るまでの体の糖エネルギーの蓄え状態によるかと思われます。

 

①肝臓や筋肉内のグリコーゲン補充に使われた

前食からの食事時間が長くなると、血液中の糖エネルギーが足りなくなってきます。細胞が血液内からエネルギーを取り込めなくなるため、肝臓や筋肉内に貯めていたグリコーゲンを糖に変換して使い始める様になります。すると、貯蓄されていたグリコーゲン分も使われて予備エネルギーが空になっていますので、食事から取り込んだ糖エネルギーをそちらにも蓄えて置かなければとして、使われたのではないかと推測します。

前日の夕食〜翌日の朝食を摂るまでの間、おおよそ14時間以上空いていますので、ただ寝ている時間が長いとしても血中からの糖エネルギーだけでは足りなくなっていた可能性があり、肝臓や筋肉内のグリコーゲンも使ってしまっていたのでないかと。そのため、朝食で摂取した糖を再び肝臓と筋肉内にも補給したために、ピーク血糖値が低く抑えられたのではないかと考えます。

②細胞への吸収だけだった昼食後はピーク血糖値が高くなった

朝食では血糖を肝臓とグリコーゲンの枯渇→貯蔵にも使われたために低くなったと考えますが、昼食では朝食から昼食の間の時間がさほどあいておらず、その間に高負荷による運動もされなかったため、細胞への吸収のみに使われただけだったと考えます。

そのため朝食ほど糖エネルギーの消費が行われなかったために、昼食の食後血糖値が高くなってしまったのではないかと。

食事を摂った時間は、朝食9時、昼食14時、夕食19時半で、朝食と昼食の間は5時間ほどしか空いていません。前夜の夕食から朝食までは14時間ほど空いていますので、やはり食事時間の間隔が短い分、空腹時血糖値に戻っているとはいえ、肝臓や筋肉内のグリコーゲン消費までには至らなかったと考えます。

③午後から軽い家事をしたため夕食後ピークは若干抑制された

そして昼食と夕食の時間が、14時から19時半と、朝食〜昼食間とほとんど変わらない5時間半しか空いていないにも関わらず、夕食後のピーク血糖値が137と、昼食後ピークより10ほど低かったのですが、この間にリビングとダイニングの部屋の簡単な掃除を行いました。室内での歩行程度ではありますが、掃除機をかけてペーパーモップを掛けるなどの軽い運動消費がありました。そのため、リブレの記録グラフでは赤字の60台が記録されています。このため、もしかすると若干のグリコーゲン消費があったのでは?と考えます。

④グリコーゲン消費の有無により食後血糖値ピークが変わる

①〜③の考察から、特に高運動負荷をかけない場合の糖エネルギー消費においては、同じものを食べても肝臓と筋肉内のグリコーゲン消費(貯蔵)の影響により、ピーク血糖値は異なると考えています。

しかし、高負荷がかかるとグリコーゲンも枯渇してしまい、さらに負荷がかかれば糖新生に入るようになります。糖新生が起これば体は飢餓状態となりますから、またその際には同じものを食べたとしても、血糖値の上がり方は変わってくると考えられます。(私の経験からは血中への急速な吸収が起こりやすくなり、高血糖を起こしやすくなりました)

今回は糖質量やたんぱく質量が計算しやすい食事内容で、負荷をかけない状態での記録を行いました。

これらをベースとして食事内容をプラマイ調整してみて、食後血糖値が高くなりそうならば

●軽い運動を取り入れてみる

●食事時間の感覚を空けてみる

●食べる量を減らす

などで、食後血糖値をコントロール出来るのではないかな?と思います。

これらの事から考えると、その方その時その状態により、食後ピーク血糖値は変化しますので、フリースタイルリブレを着けて「〇〇を食べたら血糖値はいくらだったよ!」みたいな投稿やレポートは、あくまでも参考程度にしかならないと思っています。

【耐糖能などの吸収における個人差や肝臓や筋肉内のグリコーゲンの蓄積の状態、そして食事間の時間の空きが長時間になった場合の糖新生の有無】にも大きく影響を受ける可能性がある、ということを念頭にいれておく必要があると考えています。

【フリースタイルリブレ】耐糖能低下時のリブレ値と穿刺血糖値の乖離差について

f:id:kazokunoegao:20201213222556p:plain

糖質制限を止めた直後のリブレ値と穿刺血糖値には、計測値に大きな乖離差が見られました。リブレ値が高く出て、穿刺血糖値が低く出るのが常でした。耐糖能が低下し、インスリン抵抗性が高くなっていたことが原因では?と思われます。しかし、糖質リハビリを1年間実施した結果、穿刺による血糖値とリブレ値との乖離差について、ほぼ数値に差が見られなくなりました。「耐糖能低下が改善された」状態ではないかと考えています。

続きを読む

【食後高血糖】家族に食事を作ってもらっている人のための高血糖抑制方法

f:id:kazokunoegao:20181119232326j:plain

健康診断の結果では異常はなく、全くの健康体。しかし、食事を摂った後に猛烈な眠気に襲われ、起きていられなくなるようなことはありませんか?しばらくすれば落ち着くが、ひどい時はその眠気の後にめまいや血の気が引くような気持ち悪さに至るような場合、それはもしかすると食後高血糖や反応性低血糖を起こしているかもしれません。

続きを読む

【ミューズリー】腸活や便秘対策のため食物繊維を意識した食事を

f:id:kazokunoegao:20200914001504j:image

日本ではまだあまり馴染みの低い【ミューズリー】。最近はダイエットや健康志向の方に朝食向けシリアルとして【グラノーラ】が注目されるようになったことから、ミューズリーも少しづつではありますが認知されるようになりました。手軽に摂れる、食物繊維が豊富なミューズリーについてご紹介したいと思います。

続きを読む

【摂食障害】オルトレキシアと産後うつの関係性エジンバラで自己評価

f:id:kazokunoegao:20190203074122j:plain

ダイエットや健康法の実践などをきっかけに、食へのこだわりを強め、食べることに対して「嫌悪感や恐怖心」を持たれる方が時々おられます。その症状が進行してくると日常生活を送ることも困難になることも。これが「摂食障害」といわれる症状です。摂食障害は女性に多く見られ、発症の男女比率は20:1ともいわれています。症状を自覚し早期発見することが、重症化の予防・早期寛解に繋がるといわれていますが、その手掛かりになるのではないかなと私が思うのが、エジンバラ産後うつ病自己評価票の利用です。

続きを読む

【糖質リハビリ④】リハビリ後半からは自身で新しい食事法を選択

f:id:kazokunoegao:20200926220425j:plain

糖質リハビリを始めて半年経過した頃で、ようやく1日120g程度まで糖質摂取を増やせるようになっていました。多糖類(デンプン質)の糖質を大量に摂ることさえなければ、血糖値が食後に200を超えることは次第になくなってきていました。この頃から「糖質制限を止めた今後、新しい食事法は何を主とすべきか?」を考えるようになりました。

続きを読む

【糖質リハビリ③】単糖摂取に体が慣れて来たら少しづつ多糖類を増やしていく

f:id:kazokunoegao:20200922222243j:plain

糖質リハビリ②では、耐糖能が低下した体にを糖代謝に慣らすため、単糖や二糖類での糖質摂取で、徐々に1日当たりの糖質摂取量を増やしていくことをお勧めしました。単糖や二糖類の摂取でも、高血糖が起こりにくくなった来たら、次は徐々に多糖類(でんぷん質)の摂取量を増やしていきます。

続きを読む

【フリースタイルリブレ】記録データのパソコンへの取り込みマニュアル

f:id:kazokunoegao:20200906064937j:plain

フリースタイルリブレの良いところは、記録したデータを自分のパソコンに取り込んで保存出来ることです。リーダーに記録したデータは、専用管理ソフトを使用すると様々な角度から自己分析することが出来ます。取り込んだデータは印刷することも可能です。今回はその取り込み方についての操作方法をご紹介したいと思います。

続きを読む

【コロナ肥満】自粛生活の影響がぼちぼち出始めてます

f:id:kazokunoegao:20200529072723j:image

息子が血液検査を受けてきました。長男はこの春から専門学校に通い始めてますが、例に漏れず、まだ授業が始まっていません💦(入学式もなしでした)奨学金の説明と教科書受け取りに行った程度。そんな中で長男が献血に行ってきました。

続きを読む

【家庭で出来るコロナ対策まとめ】5月からの感染症予防対策

f:id:kazokunoegao:20200413080023j:image

長期化する自粛生活。家族に乳幼児や高齢者、基礎疾患を持つ人や妊婦さんがいると、さらなる不安を抱えた生活を送られている方も多いはず。5月4日に自粛生活が5月末まで延長されることになりましたが、今後も家庭で出来る感染症予防対策をまとめてみました。

続きを読む

【水溶性食物繊維と不溶性食物繊維】高血糖や大腸がん予防に効果あり

f:id:kazokunoegao:20200321163736j:plain

その昔は「栄養の無いもの」とされていた食物繊維ですが、高血糖を抑制したり、大腸がんの予防に効果があることなどが報告されており、現在では糖尿病患者数が潜在数を含めて2000万人、がん罹患数の一番多いのが大腸がんということから、その有用性に大きな注目を集めています。

続きを読む

【糖質リハビリ②】耐糖能低下がみられるときの糖質の摂り方について

f:id:kazokunoegao:20200321164636j:plain

糖質リハビリ①では、厳しい糖質制限を止めてから、まずどのような種類の糖質を摂り始めたかについてご紹介しました。耐糖能が低下しているときの、少しの糖質摂取で高血糖を起こすことを避けるため、糖質の種類と共に気をつけたい、糖質の摂り方についてもご紹介します。

続きを読む

【糖質リハビリ①】糖質制限を止めて体を少しづつ糖質に慣らす

f:iwidth=

いけざわレディースクリニックを受診した私は、厳しい糖質制限を長く続けていることで、耐糖能機能が低下し、糖尿病に近づいているかも?というような状態になっていることが解りました。また検査では、健常な人の何倍もの追加インスリンが出ていることも判明。耐糖能機能を正常に戻すため、まずは今の厳しい糖質制限を止め、少しずつ糖質摂取量を増やしてみて、また後日調べてみましょうということになりました。

続きを読む